太陽光発電のメカニズム

>太陽光でどうして発電できるのか?

発電の仕組み

image

太陽光による発電のメカニズムは、太陽光エネルギーを太陽パネル(太陽電池)で発電した直流電力を、パワーコンディショナー(パワコン)により電力会社と同じ交流電力に変換することにより家庭の家電製品で利用できる電気を供給しています。

一般の系統連系方式の太陽光発電システムでは電力会社の配電線と連携しており、太陽光発電にて発電した電力が消費電力を上回った場合、電力会社へ送電し電気の買取りをしてもらうことができます(売電)。天候の悪い日や夜間など発電した電力で不足の際は、従来通り電力会社の電気を使用します。

なお、上記のような電気変換のやりとりは自動的に行われるので、切り替え等の操作は必要なく手間がかかりません。