太陽光発電とは

> 光エネルギーを電気に変換する発電方式です。

現代に必要とされている太陽光発電

image

太陽光発電とは太陽光エネルギーを電気に直接変換する発電方式で「太陽電池」と言われるパネルなどの装置を用いる方式の発電方法です。従来よりその発電方法は存在していましたが、2011年の震災以降、原子力発電に依存しない太陽光発電が注目されています。

地球表面に到達している太陽光はエネルギー量は一般的に1m2当たり約1kWと計算されていますが、仮に地球表面に照射されている太陽エネルギーを100%電気エネルギーとして変換できたとしたら、世界における年間必要消費エネルギーを、たった1時間で発電ができるほど莫大なエネルギーとなり、太陽が輝いている限り枯渇する恐れがありません。

現在、日本のエネルギー産業は、石油や石炭などの資源をほぼ海外からの輸入に依存していますが、こうした化石燃料は使い続ければいずれは枯渇してしまいます。太陽光という無尽蔵であるエネルギーを活用する太陽光発電は、年々世界各地で深刻化するエネルギー資源問題の有力な解決策です。
大きな特長は、クリーンでエコあることです。発電時に地球温暖化の原因とされている二酸化炭素(CO2)を排出せず環境を悪化させません。

エネルギー源の確保が容易で、地球環境にやさしい太陽光発電。現在日本では、世界でも太陽光発電技術のトップリーダーであり、今後ますますの成長が望めます。


環境への貢献度は?

発電方法は火力・水力・原子力、最近では風力やバイオマス発電なども用いられております。その中で環境にもっとも影響を与えないのが太陽光発電です。

太陽光発電では発電システムを設置することにより、化石資源を用いるいわゆる火力発電所などのように大気中に排出されるCO2を削減できます。また、その消費資源を別の分野においても活用することができ発電のための資源消費の大幅な節約が望めます。また森林の伐採や水没問題、プルトニウムの保管問題、大規模施設の建設によるコスト問題など現在の発電方法は様々な問題を抱えています。